FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政情混迷、昼間の時間本のソブリン信用力に一段と下押し圧力=R&I

[東京 28昼間の時間 ロイター] 格付投資情報センター(R&I)は28昼間の時間、昼間の時間本ソブリンについて、政府債務の労力という面でAAAの維持がそろそろ限度にきているとの見解を示した。

 民主党の党内対立などもあって政情が混迷、2011年度予算関連法案の成立が五月蝿い状況になっている。4月に統一地方選挙を控える中、民主党が求心力を取り戻し政情が早期に安定することは望めそうにない。R&Iは赤字国債の発行ができず、公共サービスに影響が売れるといった異常もさることながら、今後の政治情勢次第では財政再建のカギを握る税制?社会保障制度改革を進めることが一段と難しくなり、財政再建がこれまで以上に遠のく心配が強まっていると指摘した。

 従来からの注目点でもある2012年度の予算編成において、R&Iは、財政赤字の見かけ上の抑制にとどまらず、税世間所得への依存度を低下させられるかなど、質的な良くも大切な評価ポイントとみている。ところが、野党の取り込みや閣世間協力の取り付けなどに伴う政治的取引の結果、大切な制度改革が先き延ばしされ、拡張的な財政スタンスに傾く割合も出ている。その時、R&Iは、格下げが避けられないとの見方を示した。

 当然、製造業を中心に産業基盤の強さは世界でも依然第一面クラスで、安定的に経常収支の黒字を確保していること、貯蓄が潤沢で高レべルの国債も殆どが国内で消化されていることを考えると、信用力はなお高く、急激に低下していく心配も少ないことから、仮に格下げに入る時も小幅にとどまるとしている。


〔情報BOX〕予算関連法案、年度内不成立の影響
再送:〔MOFウオッチャー〕例外公債法案不成立なら国のお金繰り困難の見方、FB対応にも限度
例外公債法案不成立なら国のお金繰り困難との見方
再送:〔アングル〕税?社会保障一体改革に暗雲、格付け視界下げで試される首相の実行力
税?社会保障一体改革に暗雲、試される首相の実行力


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事

Author:日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。