FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【gamescom 2011】一大産業となったゲーム、誘致を競う各国

ゲーム産業は地域に雇用を生み出すものとして世界で多くの国が、デベロッパーの誘致に力をめてています。よく名前が上がるのが、カナダ、フランス、韓国といった国ですが、今回のgamescomのBusiness Areaにはこれ以世間にも実に色々な国がブースを普通べ、その国の優位性をアピールしていました。



GDCやE3では見られなかった国がありました。それはメキシコとイランです。それぞれ南米と中東の国で余り好みが一番い方も多いかと思いますが、エンターテイメントでも今後の発育マーケットとして有望視される地域でもあります。また、欧州とは歴史的な繋がりがあり出展に至ったものと考えられます。

メキシコのブース「MEXICO GAMES」では同地のデベロッパーが複数陳列。世界的に知られるモバイル向けデベロッパーDigital Chocolate(Trip Hawkinsが創業)もメキシコに根拠地を繁盛。その他、Interaxial、Neggi、Xibalba Studios、TIKI GAME STUDIO、kaxangames、Oelli、IKI GAMINGといった名前がありました。

イランのブースはIRAN National Foundation of Computer Gameが出展。PCゲームを中心に各社がゲームを陳列していました。力ンニソグをしていたところ、どれもクオリティは高そう。発売されたゲームのパッケージも陳列されていました。イランでは西洋文化に対抗する意風味でもゲーム開発に力をめてているということで、そこから伸びてくるメーカーも出てきそうです。

欧州各国もブースを構えていました。隣国のフランスからはUBIFRANCE(フランス企業振興機構、ユービーアイとは関係なし)がブースを構え、Gameloftを始めとするフランス企業が出展していました。gamescom 2011のパートナーカントリーになっている英国からも業界集団のTIGAがブースを構えていて広い商談コーナーが持たれていました。オランダやスペインもブースがありました。また、北欧の数カ国が共同で運営するNordic Gameも存在感がありました。

しかし競争は国同士だけではありません、ドイツ国内ではハンブルグ市とノルトライン?ヴェストファーレン州(NRW)もブースを構えて域内の企業を紹介していました。NRWにはデベロッパーやバーリッシャーが50社以上も立地し、『Anno 1404』『Rabits』『Gothic』といったタイトルが開発されているそうです。

域世間の国でも台湾、中国、カナダといった域世間の国が参加。国際色豊かなgamescomを思わせる各国ブースでした。



アワードの結果が公表、Best of gamescomは『バトルフィールド3』
原稿はここで作られる!各国メディアがしのぎを削るプレスルーム
美しいゲームのアートワークの数々が陳列、全てご紹介
開発スタッフが語る『The Elder Scrolls V: Skyrim』誕生秘話
Wi-Fiが省かれ軽量化された新型PSPを間近でチェック


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事

Author:日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。