FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀北真希も感涙。映画『白夜行』がベルリン映画祭で万雷の拍手

東野圭吾の代表作を映画化した『白夜行』が現在開催中の第61回ベルリン映画祭のパノラマ部門で上映され、現地場合間12昼間の場合間に主演の堀北真希と深川栄洋監督が出席した。

その他の写真

『白夜行』は、迷宮入りした殺人事件の容疑者の娘と打撃者のせがれを軸に、ふたりの周辺で起こる不可解な出来事と事件の真実を調べる刑事を描いた手落ちテリー。

無大きなスクリーンを擁する600席の会場で上映された本作。上映前に堀北と深川監督が姿を見せると、ファンやメディアが殺到。サインを追求する声とフラッシュの光がふたりを囲んだ。作気品の評価も高く、上映後には万雷の拍手が起こり、堀北は観客の拍手に感動し、涙を流した。その後、行われたQ&Aセッションで堀北は「高良さんや船越さん、スタッフのみなさんと力を合発言させて、こうして海を越えてベルリンまでやって来たということが、ついに実感できて涙が止まらなくなってしまいました」と語り、「海世間からオファーがきたらどうしますか?」の質問に「もちろん浴びたいです!無料私は特に国内や海世間という線は引いていません」と返答した。

また、深川監督は「昼間の場合間本のバブルは光の部分を象徴しているが陰もある。陰では坊主供や弱いものが犠牲に入る。『白夜行』では死亡したふたりを描いた。その引き金は大人たち。これは昼間の場合間本だけではなくどこの国でも言えること。国際的なステーヅでこのことを告訴することができて良かった」とコメントした。

『白夜行』
公開中



『白夜行』作気品情報
難役に挑んだ堀北真希&高良健吾が語る映画『白夜行』
「強い思いめてのある作気品」堀北真希『白夜行』を力強くアピール
堀北真希、流れ星に『白夜行』ヒットを祈願
堀北真希が映画『白夜行』で演じた“悪女役”への想いを語る


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事

Author:日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。