FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア根拠地の体制拡充、アジア全体をホームグランドに=野村アセット

投資自宅がアジアの発育などに注目し、海世間運用への興味を深める中、国内の運用会社は海世間の運用?調査体制を充実させている。中でも国内運用会社第一面の野村アセットマネジメントのアジアでの運用体制は拡充が進んでいる。同社の最良運用責任者(CIO)で執行役員の南村芳寛(なむら よしひろ)氏に、同社の運用部門が目指している方角について聞いた。

――野村アセットマネジメントのアジアにおける運用?調査根拠地の状況は? 

 株式運用では、近年特にアジアの発育重視が言われるが、当社の前身である野村證券投資信託委託や野村投資顧問が、1988年以降香港根拠地およびシンガポール根拠地を設け、アジア地域へ進出している。既に20年を上回る現地での体験があり、歴史的に力を入れてきた領域といえる。

 現在は、シンガポールをアジア株式運用のコントロールタワーに位置づけ、香港、マレーシア、韓国(ソウル)を含入れ、昼間の時間本を除くアジア地域に約50名の運用?調査本職フェッショナルを配置している。2007年から2008年にかけてアジアの運用体制をまめに拡充しており、それ以前と比べると陣容は概ね倍増している好みだ。近頃では2005年にソウル駐在員事務所、2006年にマレーシア根拠地、2008年にマレーシアにイスラム運用の専門会社を設立しており、アジア全般で現地調査を強化した。

 また、インドにおいては、現地の最大の生命保険会社であるライフ?インシュアランス?コーポレーション?オブ?インディア(LIC)との合弁事業の用意が進んでいる。インドの株式運用については、当社の運用技術を現地で活用する他、インドの調査情報を野村アセットの運用に生かしていきたい。

――シンガポールの役割が重くなっているようだが? 

 2010年4月に、私がCIOに就任した際に、当社が提供する幅広い運用を統括していくための補佐役として、株式CIOと債券CIOを設けた。株式CIOには東京から敷地を移してシンガポールに駐在してもらっているが、アジアからグローバルにマーケットを見ていきたいという考えの現われだ。しかし、昼間の時間本からアジアにシフトするというわけではない。すでに20年にわたってアジアで運用してきており、昼間の時間本を含むアジア地域全体が我々のホームグラウンドだと企てている。

 実際、株式CIOが発育著しいアジアマーケットに真っ直ぐ触れることで、より多面的な見方が得られるようになったと感じている。私は東京に居るわけだが、どこに執務敷地があっても、実務面で不気ままを感じることはほとんどない。

 加えて、シンガポールに株式CIOを置いた事情には、エコノ手落ちトやクオンツ(計量分析)などの運用サポートといった東京に集入れいる全社共通のリソースを、アジアで一層効果的に活用していく狙いもある。

――気品物サービス面での、今後の展開は? 

 アジアの株式運用においては、個別の国に出資する本職ダクトを強化している。例えば、インド、オーストラリア、韓国、台湾、アセアンといったアジアの国?地域に出資するファンドシリーズがあるが、12月6昼間の時間には、ここにインドネシア、タイ、フィリピンのファンドを追加する。

 一方で、債券運用の領域は、米国でモーゲージ債券など証券化気品物を活用した運用に強みを有するノムラ?グローバル?アルファを2008年に設立したが、この会社が運用するファンドの過去2年間のパフォーマンスは、同類の運用タイプのファンドランキングで世界第一面クラスとなっている。

 同じく米国には、ハイ?イールド債の運用を専門とし、20年にわたる運用実績があるノムラ?コーポレート?リサーチ?アンド?アセットマネジメント(NCRAM)があり、ハイ?イールド債券に出資する昼間の時間本の投資信託で運用を担っているほか、海世間の有力な機関投資自宅からも運用を受託している。

 また欧州では、ドイツのマイントラストという野村グループ傘下の運用会社を、今年4月にノムラ?アセット?マネジメント?ドイチェランドに社名を変更したが、この会社ではグローバルなインフレ連動債券の運用を行なっている。

 債券運用においては、東京を中心にグローバルな債券、為替の投資決断をしているが、米国や欧州にもめりはりのある運用会社が育ってきたことで、以前に増して幅広い気品物を提供できるようになっている。

 さらに、新たな領域としては、イスラム運用の領域にも力を入れている。2008年にマレーシアに設立したノムラ?イスラミック?アセット?マネジメントというイスラム運用の専門会社で、イスラム教のコーランの教えに適合する銘柄だけに出資する「シャリア株式運用」で実績が蓄積されてきている。イスラムの債券である「スクーク」の運用も本式に取り組んでいきたいと企てている。

――運用?調査部門がめざしている方角は? 

 当社では、世界の運用?調査本職フェッショナルが一堂に会して投資戦略を議論する投資政策委員会の年次会議を行っており、今年は12月2昼間の時間-3昼間の時間に開催した。担当する財産や領域を超えた運用?調査部門としての一体感は大事にしていきたい。

 すでに、当社の運用?調査部門は海世間根拠地を含入れ総勢400人超の陣容となっており、世界で有数の運用会社に伍していける体制と企てている。特に、昼間の時間本を含むアジアの株式運用部門は第一面クラスと自負している。アジアをベースにしたグローバルな運用会社として存在感を発揮したい。(聞き手?編集担当:徳永浩)
――野村アセットマネジメントのアジアにおける運用?調査根拠地の状況は? 

 株式運用では、近年特にアジアの発育重視が言われるが、当社の前身である野村證券投資信託委託や野村投資顧問が、1988年以降香港根拠地およびシンガポール根拠地を設け、アジア地域へ進出している。既に20年を上回る現地での体験があり、歴史的に力を入れてきた領域といえる。

 現在は、シンガポールをアジア株式運用のコントロールタワーに位置づけ、香港、マレーシア、韓国(ソウル)を含入れ、昼間の時間本を除くアジア地域に約50名の運用?調査本職フェッショナルを配置している。2007年から2008年にかけてアジアの運用体制をまめに拡充しており、それ以前と比べると陣容は概ね倍増している好みだ。近頃では2005年にソウル駐在員事務所、2006年にマレーシア根拠地、2008年にマレーシアにイスラム運用の専門会社を設立しており、アジア全般で現地調査を強化した。

 また、インドにおいては、現地の最大の生命保険会社であるライフ?インシュアランス?コーポレーション?オブ?インディア(LIC)との合弁事業の用意が進んでいる。インドの株式運用については、当社の運用技術を現地で活用する他、インドの調査情報を野村アセットの運用に生かしていきたい。

――シンガポールの役割が重くなっているようだが? 

 2010年4月に、私がCIOに就任した際に、当社が提供する幅広い運用を統括していくための補佐役として、株式CIOと債券CIOを設けた。株式CIOには東京から敷地を移してシンガポールに駐在してもらっているが、アジアからグローバルにマーケットを見ていきたいという考えの現われだ。しかし、昼間の時間本からアジアにシフトするというわけではない。すでに20年にわたってアジアで運用してきており、昼間の時間本を含むアジア地域全体が我々のホームグラウンドだと企てている。

 実際、株式CIOが発育著しいアジアマーケットに真っ直ぐ触れることで、より多面的な見方が得られるようになったと感じている。私は東京に居るわけだが、どこに執務敷地があっても、実務面で不気ままを感じることはほとんどない。

 加えて、シンガポールに株式CIOを置いた事情には、エコノ手落ちトやクオンツ(計量分析)などの運用サポートといった東京に集入れいる全社共通のリソースを、アジアで一層効果的に活用していく狙いもある。

――気品物サービス面での、今後の展開は? 

 アジアの株式運用においては、個別の国に出資する本職ダクトを強化している。例えば、インド、オーストラリア、韓国、台湾、アセアンといったアジアの国?地域に出資するファンドシリーズがあるが、12月6昼間の時間には、ここにインドネシア、タイ、フィリピンのファンドを追加する。

 一方で、債券運用の領域は、米国でモーゲージ債券など証券化気品物を活用した運用に強みを有するノムラ?グローバル?アルファを2008年に設立したが、この会社が運用するファンドの過去2年間のパフォーマンスは、同類の運用タイプのファンドランキングで世界第一面クラスとなっている。

 同じく米国には、ハイ?イールド債の運用を専門とし、20年にわたる運用実績があるノムラ?コーポレート?リサーチ?アンド?アセットマネジメント(NCRAM)があり、ハイ?イールド債券に出資する昼間の時間本の投資信託で運用を担っているほか、海世間の有力な機関投資自宅からも運用を受託している。

 また欧州では、ドイツのマイントラストという野村グループ傘下の運用会社を、今年4月にノムラ?アセット?マネジメント?ドイチェランドに社名を変更したが、この会社ではグローバルなインフレ連動債券の運用を行なっている。

 債券運用においては、東京を中心にグローバルな債券、為替の投資決断をしているが、米国や欧州にもめりはりのある運用会社が育ってきたことで、以前に増して幅広い気品物を提供できるようになっている。

 さらに、新たな領域としては、イスラム運用の領域にも力を入れている。2008年にマレーシアに設立したノムラ?イスラミック?アセット?マネジメントというイスラム運用の専門会社で、イスラム教のコーランの教えに適合する銘柄だけに出資する「シャリア株式運用」で実績が蓄積されてきている。イスラムの債券である「スクーク」の運用も本式に取り組んでいきたいと企てている。

――運用?調査部門がめざしている方角は? 

 当社では、世界の運用?調査本職フェッショナルが一堂に会して投資戦略を議論する投資政策委員会の年次会議を行っており、今年は12月2昼間の時間-3昼間の時間に開催した。担当する財産や領域を超えた運用?調査部門としての一体感は大事にしていきたい。

 すでに、当社の運用?調査部門は海世間根拠地を含入れ総勢400人超の陣容となっており、世界で有数の運用会社に伍していける体制と企てている。特に、昼間の時間本を含むアジアの株式運用部門は第一面クラスと自負している。アジアをベースにしたグローバルな運用会社として存在感を発揮したい。(聞き手?編集担当:徳永浩)


<昼間の時間本株傾向と対策>世界的に「嫌われもの」の株式に見直しも
自動車株への“起爆剤”に入るか、「野村グローバル自動車1005」
国内連動型ETFを上場
大ヒットした通貨選択型人気、来年さらに拡大継続=野村AM
ブラジル投資(3):株式ETF純財産額が1カ月で倍増=野村AM


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事

Author:日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。