FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縮小と高度発育で昼間あべこべ転=巨大マーケット、生産基地―GDP

昼間の時間本は2010年の名目GDP(国内総生産)で中国に抜かれ、長年の指定席だった「世界第2位」の座を無くした。「失われた20年」とも呼ばれるバブル崩壊後の長期低迷で、昼間の時間本は国際社会での存在感が低下。急激な少坊主高齢化などで財政悪化が許す中、社会の活力を取り返す眺望は開けていない。
 中国の名目GDPは、13億人の人口と安価な労働力を武器に、過去10年間で約5倍に膨らんだ。一方、昼間の時間本は米リーマン?衝撃の影響を浴びた09年の名目GDPは約470兆円余りと、1991年のレべル目と鼻の先まで落ち込んだ。もはや、昼間の時間本経済は中国を中心にアジアの旺盛な需要に頼らざるを得ない状況。
 例えば、中国の乗用車販売台数は、10年で1376万台と昼間の時間本の3倍強。昼間の時間産自動車やホンダなどの中国販売は既に国内販売を上回り、貿易収支でも昼間の時間本の輸出総額(10年で7284億ドル)の3割弱を中国向けが占入れいる。
 無料、原価削減には現地生産も避けられない中、中国は自国企業との合弁を義務付けることで「ノウハウ移転」を狙う。先進国ノウハウを素早くわがものとして巨大輸出産業に育った最一番上の火力発電ノウハウなど、事例は事欠かない。
 また、1人当たりGDPで見れば、国際通貨基金(IMF)の10年推計で、昼間の時間本が17位(3万9530ドル)に踏みとどまり、中国は95位(3744ドル)で、経済ルール上有利な時は「途上国」として振る舞う。したたかな中国と共存していくには、政府の経済政策、企業戦略面でよほどの覚悟が不可欠だ。 


ギリシャ債務ピンチ現地リポート~大衆の1割が公務員の国~
〔写真ニュース〕GDP、昼間の時間本は世界3位=中国2位浮上
東京株、80円高=3昼間の時間ぶり反発-14昼間の時間午前
昼間の時間本、世界2位明け渡す=10年GDP、中国に抜かれる-43年目で後退?内閣府


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事

Author:日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。