FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾で大人気のアイドル、銀幕デビュー作で“かわいすぎる”書店員に

[映画.com ニュース] ビム?ベンダースが製作総指揮を務める映画「台北の朝、僕は恋をする」で、台湾で絶大な人気を誇る歌手で女優のアンパブ?クォが銀幕デビューを飾っている。

「台北の朝、僕は恋をする」予告編

 アンパブ?クォは、台湾で「目標の恋人」と形容されるほどの人気を誇り、国内で9社のCM契約をもっている。歌手として活動しているが、作詞?作メロディーも手がけるほどの実力派。テレビドラマにも引っ弾力だこのなか、同作で演じているのは書店員のスージーだ。

 恋人がパリへ留学し絶望のびり底にある主人公カイは、寂しさをまぎらわすために書店へ足繁く通っている。書店員のスージーは、毎昼間の時間やってきてはフランス語の本を理解するカイが気になって止むを得ない。そんな2人が、スリリングでコミカルな一夜を過ごすことになり、果たして大事なものが何なのかに気づいていく姿を描く。

 同作でカイとスージーが出会うことに入るのは、台北市内の「誠気品書店」。映画公開後には、多くのファンが足を運んだことで大きな話題を呼んだ。同店でも、劇中で書店員として働くアンパブ?クォの劇中カットを巨大パネルにして設置。男性ファンを中心に、多くの若者がパネルを撮影していたという。

 “かわいすぎる”書店員役でアンパブ?クォが出演する同作は、アメリカ育ちの台湾人アービン?チェン監督の最新作。初監督作となった短編映画「MEI 美」は、ベルリン国際映画祭の短編部門で銀熊賞に輝いた。台湾の新世代を担う役者陣が結集した今作では、夜の台北の幻想的な様子を切り奪っている。

 「台北の朝、僕は恋をする」は、3月12昼間の時間から全国で公開。



台湾第一面アイドル“スウィート教祖”シンディ?ワンが来昼間の時間
「台北カフェ?ストーリー」監督、客席からの感想に安どの様子
ビム?ベンダース×ピナ?バウシュ。目標のコラボで世界初3Dダンス映画製作!
2008年のベネチア国際映画祭審査委員長はビム?ベンダース監督に


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事

Author:日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。