FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深澤真紀の処世手段――が向く人、向かない人

このページの先鶏冠ですこのページの本文へ

お知らせ:
セキュリティ機能も充実 Yahoo! JAPAN向けIE8
Yahoo!ニュースログイン
IDでなおさら便利に[ 新規取得 ]Yahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社
        ここから本文です

        深澤真紀の処世手段――「断捨離」が向く人、向かない人昼間の時間経ウーマンオンライン(昼間の時間経ウーマン) 2月8昼間の時間(火)11時27分配信 深澤真紀の処世手段――「断捨離」が向く人、向かない人 「気があるなものだけに取り囲まれた」生活は素敵…  「断捨離」という考え方が流行っています。「放棄するノウハウ」や「清貧の思想」などが流行したこともありました。



         確かに、「いらないものを破棄して」「気があるなものだけに囲まれて」「詳しく生活」「早く起きて」「いろいろな勉強をする」…といった生活はステキですよね。

         けれど、私も含入れ、そうした生活が向いている人ばかりではありません。そうした生活が一番理なくできる人は、それが「ぴったりしている」のであって、「不向き」人もいるのです。

         処世手段では、「断捨離」が嫌な人はしなくていいのです。

         たとえば陸上選手とひと言で言っても、類目はマラソン、100m走、ハードル…と多岐に渡ります。そして、それらすべての類目に秀でている人はいません。それぞれ全然異なるものであり、容易に転向はできません。

         生活方も、それと同じです。

         人間というのは、得意なことの幅は案世間狭いものです。

         私の時は、朝が弱くて、なかなか起きられません。どうかすると、朝の8時まで仕事して起きていて、それから寝ることもあります(会社勤めでないからできる生活ではありますが)。

         もちろん「こんな生活はよくないんだろうな~」と思います。でも、あれこれ試してわかったことは、私には早起きが向いていないのです。

         「早く起きて、“朝活”して…」といったことが奨励されていますが、私の時、むしろ早起きするほうが時間が一番駄になったりします。今ひとつエンジンがかからないので、ぼーっとテレビを見詰めたりして、お昼ごろにはぐったり、なんてこともあります。

         その点、夜遅く発生していると、電話もファクスもメールもこないので、仕事がはかどるのです。同じ「18時間発生している」にしても、どの時間帯に発生しているのが打って付けかは人によって離れています。

         同じように、「余分なものを放棄する」のも素晴らしいことですが、捨てられないものがあってもいいのです。

         私は、坊主供の頃の作文とか便りといった類のものは、躊躇なく捨てられます。大学卒業までの“記念の気品”は、ダンボール1箱分もありません。

         一方で、絶対に捨てられないものがあります。それは、使わなくなったケータイやデジカメなどの、電池(電気)で振動する機械類です。もちろん今は全然使わないものなのですが、捨てられないのです。これはダンボールに3箱あります。邪悪魔なのですが、機械が気があるなので、これは捨てられません。

         私の時には機械ですが、これが、靴や洋服の人もいるでしょうし、台所グッズという人もいるでしょう(古い台所グッズも私は捨てられなかったものです…)。

         「放棄する」ことを徹底すると、風侘しいという人も多いでしょう。「一番駄を憎む」という考え方は、時として疲れてしまいます。

         一番駄な過ごし方も悪くないものです。

        深澤真紀
        コラムニスト?編集者。企画会社タクト?プランニング代表取締役社長
        1967年、東京天性。早稲田大学第二文学部社会専修卒業。卒業後、いくつかの出版社で編集者をつとめ、1998年、企画会社タクト?プランニングを設立。若者、女性、食、旅行など、様々な主題の企画や執筆や講演も行っている。昼間の時間経ビジネスオンラインで2006年に「草食男坊主」や「肉食女坊主」を命名、「草食男坊主」は2009年流行語ゲランプリ第一面テンを受賞し、国内だけはなく世界で話題に入る。平成の女性を語った『女はオキテでできている―平成女図鑑』(春秋社)など著書も多数。



        処世手段43?“自分のトリセツ”を作ろう
        処世手段41?気がある疎ましいに事情はない
        処世手段40?きちんと嫌われる
        処世手段?特別版「今の時代も悪くない」
        処世手段39?連絡をしない
        最終書き換え:2月8昼間の時間(火)11時27分昼間の時間経ウーマンオンライン(昼間の時間経ウーマン) 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事

Author:日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。