FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国衛生省、重度精神妨げの予防と治していますに4つの課題指摘

中国衛生省は16昼間の時間、国内の重度精神妨げの予防と治していますに「専弟子材不足」「病人の医療労力」「区県クラスの予防治していますシステムの不備」「部門間夕イアップしてがない」といった4つの課題があると指摘した。

衛生部疾病予防抑制局精神衛生部の厳俊部長によると、2010年の瀬以降、重度精神妨げの予防治しています対策は「平安医院建設総体予定」に組み込まれた。しかし依然、多くの異常を抱えている。全国の精神科医師は2万人弱で、人口10万人当たりに1.5人、精神科看護師は2.4人で、それぞれ世界平均レべルの4.15人、12.97人を大きく下回っている。また病人の医療費労力が重すぎること、区県クラスの精神衛生予防治していますネットワークが確立していないことも指摘される。全国には1100カ所以上の精神衛生医療機関があるものの、ほとんどは病院としての診療しか行なわず、予防?治していますの働きは小さい。さらに、部門間で救急治しています、サービス、管理に関する夕イアップしてがないことも異常だ。

衛生省と財政省は2005年、地方の重度精神疾病管理治していますを補助する本職ジェクトを立ち上げ、コミュニティーと郷鎮医療機関を組織して病人の検査、カルテ作成、管理などを強化。また症状が安定せず、リスク行為のある一部の貧困病人には一番料で薬気品と入院補助金を支給している。この本職ジェクトは10年の瀬までに全国各地で実施され、利用する病人は27万人を超えた。

国はすでに重度精神妨げの基本データ収集分析システムを稼動させており、衛生省は各地に対し、9月末までに病人情報の登録を終えるよう指示している。各省のデータと国のデータの一本化が目的だ。

(翻経緯 崔蓮花/編集翻経緯 恩田有紀)


中国、お見合い旅行行がブーム
菅直人首相「昼間の時間本は侵略戦争の痛ましい戒めを語り継承するべき」
北朝鮮、「侵略戦争のため」米韓軍事演習を非難
中国杭州で宅配物爆発事故、宅配業の管理の穴が露呈
上海市:夏の電力不足分は100万キロワット


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事

Author:日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。