FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼間の時間米欧と中国の中銀総裁が討論へ、政策やインフレめぐる発言注目

[パリ 18昼間の場合間 ロイター] 20カ国?地域(G20)財務相?中央銀行総裁会議に先立ち、主要国中銀総裁のパネルディスカッションが18昼間の場合間1430GMT(昼間の場合間本場合間午後11場合30分)ごろに行われる。

 このパネルディスカッションは、欧州シンクタンクEurofiが主催し、パブナンキ米連邦用意理事会(FRB)議長、欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁、昼間の場合間銀の白川方明総裁、英イングランド銀行(中央銀行)のキング総裁、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁が出席する視界。同集まりではまた、ガイトナー米財務長官も講演する計画。 

 金融マーケットは、各総裁の政策やインフレをめぐる発言に注目している。

 中国とインドはインフレ抑制に向け既に利上げを行っており、インフレ率が夢の倍の4%に達した英中銀も利上げ圧力にさらされている。

 ECBは利上げは早くても今年の瀬とみられており、FRBは6000億ドルの国債買いめてを便秘気味て経済への流動性供給を依然継続している。 

 国際通貨基金(IMF)はG20会議に提出するレポートで、米国の量的緩和策は過剰流動性を招く危険がある、と指摘したが、近頃のデータから決断して、これまでのところはまだ発生していないとしている。

 ロイターがレポートを入手した。IMFは、先進国では景気回復の遅さにより賃金とインフレが抑制されているため、緩和的な金融政策は国内的には「適切な政策」との見方を示した。一方で「対世間的に見ると、米国の量的緩和は過剰流動性を招く割合がある」としつつも「近頃のデータではこれが発生していることは裏付けられていない」としている。

 中国など新興国は、米国のQE2(量的緩和第2弾)により、新興国経済はホットマネー流入の危険にさらされている、と言い分している。


米FRB、16昼間の場合間までの週にECBに7000万ドル供給=NY連銀
フィンランド、ECB次期総裁候補にリーカネン中銀総裁を推す計画ない=財務相
12月のユーロ圏経常収支、季節調整前で1億ユーロの赤字=ECB
訂正:〔情報BOX〕ECB次期総裁候補の顔ぶれ
ECBの翌昼間の場合間物貸出残高が150億ユーロ超に、09年6月以来の高レべル


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事

Author:日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。