FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

為替相場視界:ギリシャのユーロ脱退観測でユーロ全面安、週明けはドルのス第一面ロスにも留意

金曜昼間の場合間の為替相場はユーロが全面安。ギリシャがユーロ圏から脱退するとの観測が浮上し、ユーロがドルに対して過去12ヶ月間で最大の下げを記録。米国では、米雇用統計で雇用者数の伸びがコンセンサスを上回ったことから米経済の安心論が台鶏冠し、ドル円相場は大きく振動することなく金曜昼間の場合間の取引を終了した。

 国内大手証券の見方では、世界経済に対する心もとないがさらに引き伸ばして危険回避や米金利低下が継続しば、ドル安?円高が進むことに入ると指摘。それでも、原油値段下落は、世界景気回復の持続性を高めるという意風味でプラスに働くとの見方で、「原油値段調整を経て再び危険選好へと戻る割合が高い」と解説。週明けの見当レンジを、ドル円で79.5~82.5円に、ユーロ円を115.5~118.5円、豪ドル円を84.5~87.5円に設定してる。

 国内では週明けからゴールデンウィークが明ける。国内勢がマーケットにぶっり反してくることで東京場合間の取引量増加が見込まれるとともに、ス第一面ロスに絡んだドル手仕舞い売りの動向などにも留意したいところだ。(編集担当:松浦多恵)


為替:有力筋「ドル80~82円はゆっくり買っていくレべル」と評価、70円台は買いのチャンスとも
為替:兜町に出回る「シルパブ衝撃」との囁き
為替:CTAによる「気品物売り?米ドル買い」観測、国内勢からは81.2円で調整完了との声
為替:ウサマ?ビンラディン死亡説でマーケットが賑わう
為替:全面安のドルと全面高の円、ドル指数は2年9カ月ぶりのレべルまで下落


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事

Author:日経新聞,新聞ニュース,日経産業新聞,携帯ニュース,過去の新聞記事
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。